令和2年度〚林業架線作業主任者講習〛修了しました。

研修

 森林率81%!全国第2位の岐阜県ですが、深い谷や急峻な地形のために、林道や作業をするための道を作れない、路網整備が困難な場所もたくさんあります。
こうしたところで伐った木材を出すためには、ワイヤロープを空中に張り、集材装置を使って、山の中から木材を集める「架線集材」が行われています。
架線集材を行う場合には、「林業架線作業主任者」を選任することが労働安全衛生法で義務づけられており、その林業架線作業主任者になるためには、「林業架線作業主任者免許」を持っていることが条件となります。
そこで森のジョブステーションぎふでは、この免許を取得するための講習として、「林業架線作業主任者講習」を実施しています。
この講習は、厚生労働省労働基準局が定める講習として認定されているため、学科試験・実技講習の後、実務経験2年で免許を取得することができます。
とはいえ架線集材は、集材装置の運転だけでなく、架線、撤収・メンテナンス・ワイヤーロープの知識など幅広い技術を習得する必要があります。
そのため今年の講習は、7月27日から9月29日までの25日間にわたり、講義や学科・実技を交えながら行われました。
今年も事故や怪我なく参加された10名全員、無事に講習を修了することができたこと、とてもうれしく思います。
これからも皆さんの活躍を陰ながら応援しております!皆さん本当にお疲れさまでした!!

〚開講式の様子〛

〚沖田英輔講師による講義〛

〚機械メンテナンスの実習〛

〚実技研修現場(支柱、盤台等の作り方及び点検)〛

〚実技研修現場(先柱からの眺め)〛

〚実技研修現場〛

〚実技研修現場(支障木の伐採)〛

〚実技研修現場(支障木の伐採)〛

〚実技研修現場(主索の巻き取り)〛

〚実技研修現場(鋼索の止め方及び継ぎ方)〛

〚実技研修現場(運転実習)〛

〚実技研修現場(集材装置の運転実習)〛

〚集合写真〛

〚集合写真〛